症状・治療

再生医療

PRP-FD療法、APS療法

当院では再生医療として、変形性膝関節症に適したPRP-FD療法、APS療法を行っています。これらは変形性膝関節症に対する最新治療です。今まで変形性膝関節症の治療としての注射はヒアルロン酸の注射がメインでした。また、炎症が非常に強い時は痛みを軽減するステロイドの注射をする場合もありますが、合併症として骨の破壊が発生し、ステロイド関節症を発症することがあり注意が必要です。

PRP-FD療法, APS療法ともに自分の血液を利用した最新の再生医療の注射です。

PRP(Platelet Rich Plasma)というのは、多血小板血漿と呼ばれ、血小板を濃縮した血漿のことを言います。血小板には創傷治癒や組織再生に効果的な成長因子が多く含まれており、PRPを局所に移植することによって組織再生を促進させます。

APS(Autologous Protein Solution)は、次世代PRPとして、さらに濃度の高いPRPを分離加工することで得られる因子を抽出したものです。PRP-FDは、傷の治癒に作用する血小板を濃縮したPRPをさらに高濃度に構成したものをフリーズドライ化(凍結乾燥)したものになり、細胞分裂を促す成長因子を豊富に含んでいます。

具体的には以下の成分が含まれています。

APS、PRP-FDに含まれる主な成分

抗炎症性サイトカイン
(IL-1ra, sTNF-RI, sTNF-RII, IL-4, IL-10, IL-13, IFNγ)
炎症性サイトカイン(IL-1, TNFα)の働きを阻害する
血小板由来成⻑因⼦
(PDGF-aa, PDGF-bb)
細胞の複製を刺激し、血管形成・上皮形成・肉芽組織形成を促進する
形質転換成⻑因⼦
(TGF-β1, TGF-β2)
細胞外マトリックス形成を促進し、骨細胞の代謝を調節する
線維芽細胞増殖因⼦
(FGF)
内皮細胞および線維芽細胞の増殖を促進する

このような多彩な成分がPRP-FD、APS注射には含まれているのです。これらを損傷している部分に注入し、患部の修復機能を一時的に高める効果があります。自分の血液を用いた治癒能力で痛みの改善を期待するものです。

実際にヤンキースの田中投手やエンゼルスの大谷投手はPRP治療を行ったと言われており、プロアスリートも採用する治療です。

  • ヒアルロン酸注射の効果がない
  • 人工関節の手術を勧められているが、手術はしたくない
  • 1回の注射で長い鎮痛効果を得たい
  • 慢性化している膝関節痛を改善したい 

このような膝の痛みでお困りのかたは、再生医療を試してみる価値はあると思います。

症状・適応

変形性膝関節症に対しての再生医療であるPRP注射は、どれくらいの膝のレベルまで効果が期待できるのでしょうか?変形性膝関節症の分類では5段階で分類されています。

Grade 0正常
Grade Ⅰ関節裂隙狭小のないわずかの骨棘形成 , または軟骨下骨硬化
Grade Ⅱ関節裂隙狭小(25% 以下)あるも骨変化なし
Grade Ⅲ関節狭小(50%~75%)と骨棘形成 , 骨硬化像
Grade Ⅳ骨変化が著しく,関節裂隙狭小(75% 以上)を伴う

当院関連施設での手応えとして、Grade Ⅲまではある程度効果が期待できます。しかし、Grade Ⅳになると関節軟骨が消失しており、変形が重度であるため効果を期待しづらいです。Grade Ⅳの場合は人工膝関節全置換術を受けるのがいいでしょう。ですが、人工膝関節全置換術を躊躇される場合は一度APS、PRP—FD注射を試してみてもよいかもしれません。

治療の流れ

どちらも御自身の血液を利用した治療です。

APS療法

PRP−FD療法

費用

再生医療であるため、保険適応外=自費診療となります。

APS250,000 円(税別)
PRP-FD150,000 円(税別)

治療に関わる主なリスク、副作用に関して

治療後数日は、軽度の炎症、痛みや腫れ、発赤などの症状がみられる可能性がありますが、徐々に改善していきます。後遺症が残ったり、処置が必要になるような重大な健康被害は報告されていません。

安全性

自分の血液内の成分を体内に戻すだけなので、 アレルギー反応なども出ないと考えられている治療法です。

当院では、APS、PRPを患者さんに投与することによる関節疼痛の治療について、第二種再生医療計画を提出し受理されています。

【執筆】宮島玄陽 医師
横浜町田関節脊椎病院 院長
日本整形外科学会認定整形外科専門医