042-812-2110
リハビリ専門職

Blog

リハビリ専門職

皆さんこんにちは。今回はリハビリ専門職について説明させて頂きます。

リハビリの専門職には私たちのような理学療法士の他に、作業療法士、言語聴覚士といった資格があります。

それぞれ専門分野に別れてリハビリ介入させて頂いてます。

理学療法士(Physical Therapist(PT))→ケガや病気などで身体に障害がある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作と言われる、立つ、座る、歩くなどの回復や維持、および障害の悪化予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて自立した生活が送れるように支援する医学的リハビリテーション専門職です。(理学療法士協会の定義参照)

作業療法士(Occupational Therapist (OT) )→作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医 療、保健、福祉、教育、 職業などの領域で行われる、 作 業に焦点を当てた治療、 指導、援助です。 作業とは、 対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指 します。(作業療法士協会参照)

言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist (ST) →言語障害、聴覚障害、嚥下障といった問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施します。必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行う専門職です。(日本言語聴覚士協会参照)

当院では理学療法士しか在籍していませんが、総合病院やリハビリテーション病院に在籍しています。医師や看護師も含め、リハビリスタッフもチーム医療の一員になっています。ぜひ、ちょっとした豆知識としてリハビリ専門職を理解して頂けると幸いです。