症状・治療

脊椎(首・腰)

脊椎(首・腰)疾患の診療について

当院では、頚部や肩、腰の痛み、手足のしびれで困っておられる方、また姿勢保持や歩行に困難を感じておられる方、これまで他の医療機関で治療しているが良くならない方を、診察させていただきます(紹介状はお持ちでなくても結構です)。院内ではX線撮影のほかに、MRI、CTによる緻密な検査を行い、診断を行っております。

診療概要

脊椎由来の神経痛やしびれに対して、内服治療やブロック治療などの保存療法を充分に行っても症状が改善しない方に、手術治療を検討しております。

対応する主な手術術式としては

  • 完全内視鏡下腰椎椎間板摘出術
  • 最小侵襲腰椎後方椎体間固定術
  • 椎弓形成術・椎弓切除術
  • 前方固定術
  • 脊柱側湾矯正固定術

を予定しており、お一人お一人に最適と考えられる方法で対応させて頂きます。

当院が使用するイメージ装置

当院では、アメリカGE社のイメージ装置(OEC 9900 Elite)を使用して、手術を行っています。 これまでは患部を大きく開いて手術をしていましたが、この装置を使って患者さんの体内をX線で透視をしながら手術ができるので、患者さんの傷を最小限に抑えて手術をすることができるようになりました。しかも最新の画像処理技術によって、非常に鮮明な体内の画像を非常に少ないX線で得られるので、細かな手術や難しい手術にも対応できます。

【執筆】越宗幸一郎 医師
横浜町田関節脊椎病院 副院長
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医