042-812-2110
肩関節における腱板断裂について。

Blog

肩関節における腱板断裂について。

絶賛増量中。リハビリテーション部の久保です。

今回は肩の腱板断裂についてお話します。

腱板断裂は40歳以上の男性(男62%、女38%)に好発すると言われています。

男性の右肩に起こる、原因不明の断裂が多いので「使いすぎ」が原因とも言われていますね。

発症年齢のピークは60代です。
明らかな外傷によるものは半数で、残りははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で断裂が起きます。

肩が挙上できるかどうか(自力で持ち上げられる)、拘縮があるかどうか(関節が動かない)、肩を挙上して肩峰の下で軋轢音があるかどうか(動かしたときに音がする)、棘下筋萎縮があるかどうか調べます。

前途した症状があれば、画像検査と複合して、腱板断裂を疑います。

症状としては、肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えますが、多くの患者さんは肩の挙上が一定は可能であることが特徴です。

ここが、「五十肩・四十肩」と言われる疾患との大きな違いではないでしょうか。

運動障害や疼痛が改善されない場合、手術になることもあるので、注意したいですね!

繰り返しの運動や、筋肉における過負荷が要因とも言われていますので、

運動を行う際だけでなく、普段からのストレッチや筋トレによる管理は有効だと思います!

いずれにしても、早い段階での診断や運動は効果的ですので、

気になる方は是非、来院されてください!