042-812-2110
骨の状態、どうですか?

Blog

骨の状態、どうですか?

ブログを御覧の皆様、こんにちは。金川です。
もう名前を正しく読んで頂いていると信じています(笑)。

今回は骨粗鬆症のことについて触れたいと思います。

骨粗鬆症とは、骨強度が低下して骨がもろくなり、骨折しやすくなるという疾患です。

原因としては、加齢やホルモンバランスの変化などがあり、
特に閉経後(生理が終わった)女性に多いと言われています。

骨粗鬆症の患者の3分の2は無症状と言われています。
そのため、あまり重要な病気と考えられず、
御自身の骨の状態を全く知らないという方も多いようです。

しかし、骨粗鬆症の状態だと、身体の様々な部位が骨折しやすくなります。
背骨も骨折しやすくなりますが、これにより背中が丸まってくると、
内臓に問題が生じる
事も少なくありません。

そのため、早期に御自身の骨の状態を知ることはきわめて重要なのです。

診断は骨密度測定によって行われます(骨強度は約7割が骨密度に影響されると言われています)。
測定方法は様々あるのですが、DXA(デキサ)法による、
腰(腰椎)と股関節(大腿骨頸部)の骨密度の測定が推奨されています。

当院では骨粗鬆症の診断、治療にも力を入れており、
DXA法による腰椎、大腿骨頸部の骨密度測定を行っております。

是非一度お気軽に私の外来で御相談下さい。

ここで、無料セミナーのお知らせです。
6月20日、当院で無料セミナーを開催致します。
詳細はホームページを御覧下さい。
脊椎・膝の専門医が徹底解説 | 参加無料セミナー | 人工関節と脊椎手術なら横浜町田関節脊椎病院 (ymo-hospital.jp)

皆様の御参加をお待ちしております。